ショールーム


一般的なショッピングルートは、2階のショールームから始まります。

なお、以下の説明は、他店の状況を参考としていますので、実際の福岡新宮店がこうなるのかどうか確定できませんが、あくまでもイメージとして参考にしてください。

イケアの定番ソファKlippan

イケアのショールームとは、実際に家具やディスプレイの見本を見て、自分の部屋に入れた時のイメージを描き、商品購入の参考とする場所です。

ここでは、見るだけで商品を手にするのは1階に下りてからになります。

商品タグのメモを忘れずに

1階のセルフサービスで大型のフラットパック商品をピックアップするために、ショールームでは、ショッピングリストにプライスタグの商品の列番号、商品棚の番号、商品番号(8桁)をメモしてください。

その際、メモする時に見るプライスタグには、赤色と黄色があります。赤色タグの商品は、自分でピックアップできます。

黄色のタグは、ホールスタッフの手伝いが必要となりますので、スタッフに連絡してください。

ショールームの入口は、他店の例では、1階エントランスから入ると2階ショールームの入口へはエスカレーターか階段を利用しています。

エントランス付近にカタログ、イエローバッグや3点セットがあると思いますので忘れないようにしましょう。

ショールームの順路

ショールーム内は、フロアーガイドを見ると順路みたいなものが定められており、リビングコーナー、ダイニングコーナー、リビング収納コーナー、キッチンコーナーなどを順に見ていくことになります。

いわば美術館や博物館のような順路で、通常の店舗のように東西南北自由に行けるようなフロアーではありません。

とは、言ってもいくつかワープできるショートカット、つまり近道できるような通路がありますので、そこは数回通いながら見つけ出してください。

プランニングテーブル

また、プランニングテーブルと言って、「i」マークや青のテーブルが目印のコーナーが、キッチンやワードローブ売り場等にあります。

ここでは、詳しいイケアの製品情報をチェックできるほか、パソコンのプランニングツールを使ってご自宅のスペースに合わせたプランニングができます。

順路については、フロアーガイド(裏面がショッピングリスト)に詳細に書かれていると思いますので、それを見ながら歩いてください。

イス、テーブル、収納家具、ベッド、バスルーム、キッチン、オフィスファニチャーなどを見ることができます。

すべて触ったり、座ったり、ベッドには寝ころんでもOKです。心ゆくまで納得しての商品選びができるようになっています。

当然、照明器具も実際に点けたり消したり、照度の調節等も自由にできます。

それとイケア名物のホームセット(モデルルーム)があります。

ルームセット(モデルルーム)

リビングルーム、子供部屋、ダイニングルーム、バスルーム等、実際の部屋があり、どう家具を配置したらよいか、どんな雰囲気になるのか等非常に参考になります。

ただ、棚に商品を並べたらよいものではないことがよく分かると思います。

なお、最新情報では、福岡新宮店では、福岡の平均的な間取りを、そっくりそのまま作りこんだホームセットを用意するそうです。

また、ホームセットは、7つも準備するとのことです。

子どものためのプレイエリア

プレイエリア

こんな風に夫婦はショッピングに夢中になりますが、えてして子どもたちは退屈しまくります。

そんな子供達のために、「PLAY! 家族みんなで楽しめます」の旗がついたプレイエリアがたくさんあります。

そこでは、色々なゲームがありますので一緒にショッピングを楽しむことができます。

ショールームの終わりの方では、キッズコーナーやレストランがありますのでお楽しみに。

サブコンテンツ

このページの先頭へ