セルフサービスエリア 1F


ここの説明も、ショールーム、マーケットホール同様にイメージとして考えていただきますようお願いいたします。

レジに近づくと、セルフサービスエリアに入っていきます。

ここは、2階のショールームで買おうと思って、ショッピングリストにメモしていた商品を実際に手に取るためのエリアです。

天井高く、主にフラットパックの商品が積まれていて壮観な光景です。

何となく、コストコを連想しますが、コストコは商品売り場そのものに天井高く商品を積んでいます。

イケアは、自分で家具を組み立てるのが基本的な考え方ですので、小さく梱包されたフラットパック商品と言う形態で提供しており、このようなエリアがあるのです。

何だか手間暇がかかるなという印象をお持ちになるかと思いますが、イケアは、自分でできることは極力消費者に負担してもらい、その分コストが減った分を価格に反映するという戦略を取っていますので、これも低価格の一環と理解してください。

メモしておいた列番号と商品棚の番号、商品番号(8桁)でお目当ての商品をピックアップしてください。

ショールームのページで説明しましたが、赤い色のプライスタグの付いた商品は自分でピックアップしてください。

黄色のプライスタグの商品は、店のスタッフが手伝ってくれると思います。ショールームで事前に連絡しておいてください。

この時、忘れずに用意しておきたいのがフラットパックが載せられる大型のカートです。このカートに商品を載せて、カートに載せたままレジで精算して、そのまま駐車場まで運ぶことになります。

駐車場で車に乗せて自宅まで運び、組み立てればその日から使用することができます。

車で来ていない方のためには、配送サービスがあるので利用されるといいのですが、有料となります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ