レジ 1F


* ここの説明内容も、あくまでイメージとしてご理解ください。実際の福岡新宮店とは異なることもある可能性があります。

いよいよレジまで進んできました。

買い忘れがないか確認したらレジに進んでください。

ただ、イケアオープン時の大混雑では、ここが難関な場所となるでしょう。

カートやイエローバッグ一杯に買いこみますので、レジの列がなかなか進まない状態になると思います。

おそらくうんざりするくらい待たせられるのではないでしょうか。

他店では、開業時でなくても滞留する場所ですので、来年4月のオープン時は推して知るべしです。

レジでの精算

イケアのレジ台

やっと、レジまでたどり着いたら、購入したものをレジ台のコンベアに乗せて進んでください。

そしてここまでが私の買い物とわかるようなプレートを置きます。これは、久山のコストコでも行われている方法です。

大型のフラットパック商品は、カートに乗せたままで大丈夫です。

支払いには、現金のほか、イケアギフトカード、クレジットカード(アメリカン・エキスプレス、ダイナース、JCB、VISA、マスターカード)を使うことができます。

クイックペイ、デビットカードは、以前は使用できましたが、現在は使用できないようになっているようです。

レジの後は

レジで精算したら、スーパーのように自分で袋に入れたり、必要であればカウンターで梱包します。

カウンターには、包装紙、ハサミ、テープそしてヒモなどが用意してあります。

ブルーバッグ

また、イケアは、レジ袋を用意していませんので、自前の袋がなければブルーバッグを購入しても良いでしょう。100円前後でイエローバッグが青くなったものです。

このブルーバッグは、次回のショッピングにも使えます。

また、荷物が多くてとても持ち帰れない状態であれば、宅配カウンターで伝票に必要事項を記入すれば宅配してくれます。価格は、荷物の数量や配送地域で異なります。

また、「手ぶらde Box」と言うサービスがあり、大小2タイプの箱が用意されており、梱包を自分で行って依頼すれば宅配されます。

レジの後は、「BISTRO」でホットドッグ等で一休みしたり、「スウェーデンフードマーケット」でスウェーデンのお菓子、ジャムなどをお土産に買ったりできます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ