ソファ&アームチェア


イケアにはシリーズと言うものがあります。

シリーズの明確な定義は、見当たらないのですが、私の考えでは統一性のとれたグループのようです。

BILLYと言う定番の書棚がありますが、書棚のサイズ、色など様々にありますが、BILLYというアイデンティティのもと様々な組み合わせができて、しかも全体として統一感があるようなものだと理解しています。

ソファには次のようなシリーズがあります。

シリーズの中には多くのバリエーションがあるのですが、全てを紹介することは不可能です。

そのため、私の個人的な見解ですが、シリーズの代表的な商品だけを紹介します。

シリーズの全製品等をご覧になりたい方は、お手数ですがイケアの公式サイトをご覧ください。

〇布製ソファ
EKTORP/ エークトルプ シリーズ
KARLSTAD/ カルルスタード シリーズ
KIVIKシリーズ
KLIPPAN/ クリッパン シリーズ

〇革製ソファ
KARLSTAD/ カルルスタード シリーズ

〇ソファベッド
BEDDINGE/ ベッディンゲ シリーズ
EKTORP/ エークトルプ シリーズ
KARLSTAD/ カルルスタード シリーズ
IKEA PS コレクション

〇モジュール式ソファ
KARLSTAD
KIVIK
RORBELG

なお、下に紹介している各シリーズは、一人掛け、二人掛けそして三人掛けのサイズのバリエーションやロッキングチェア、ラウンジチェア、スツールなども揃っていることがありますので、単に写真が一人掛けだから一人掛けしかないと思わないようにしてください。

また、ソファ等は、基本的に自分で組み立てることになります。同梱されている説明書と工具で組み立ててください。

ソファのカバーは、シリーズにピッタリのカバーを店頭で選ぶことができます。イケアの布製ソファはカバーの取り外しが簡単で洗濯もできます。

別売りのカバーもありますので、後日きれいなカバーに買い替え、着せかえることも可能です。

便利なイケアのソファ一覧リスト

便利なイケアのアームチェア一覧リスト

サブコンテンツ

このページの先頭へ

エークトルプシリーズ  EKTORP
定番・ロングセラー家具 BEST10のページでも書きましたが、書棚のBILLYに並ぶ大定番です。

二人がけソファは、ベスト順位3で紹介した KLIPPAN(クリッパン)がありますが、クリッパンは、直線を基調とした比較的シンプルなデザインですが、EKTORPは、多少クラシックな雰囲気があります。

このソファの最も特徴的なのは、カバーが取り外しできて洗えるということでしょう。
食べ物や飲み物などをこぼしてしまった時にでも、汚れた部分のカバーを外してすぐ洗濯機に入れて洗濯できるため、手入れが非常に簡単です。

また、カバーの縫い目にパイピングが施されており、何度洗濯しても型くずれしにくいように細部にもこだわっています。
交換用のカバーも各種取り揃っていますので、季節の変わり目や気分にあわせて簡単に模様替えが楽しめます。

カバーの種類も、単色のものからアンティーク柄のものもあるので、人気のカントリー調をはじめとした多様なテイストに対応できますね。

さらには、丈夫であるというのもこの商品の特徴です。
シートクッションと背もたれのクッションは、耐久性を高めるためにフェザーの層ではさんだ構造になっているため、使い込んでも型くずれしにくく長持ちします。

また、パーティなどで多くの人が集まった際、座る場所がなくなってしまった場合には、アームレストに腰掛けても問題ないような作りにしているそうです。

イケア エークトルプ EKTORP ソファ

エークトルプ EKTORP アームチェア
エークトルプのアームチェアです。

アームチェアとは、肘掛け椅子のことで、座る人の左右両側に肘掛け、アームレストのついたタイプの椅子です。

EKTORPのアームチェアには、交換用のカバーが豊富に揃っていますので、現在使用中のカバーの色やデザインに飽きたら簡単に変えることができます。

別な色のカバーにするだけで、部屋の模様替えにもなり、気分も変えることができて楽しめます。

イケア エークトルプ EKTORP アームチェア

エークトルプ EKTORP フットスツール
エークトルプシリーズのフットスツールです。

フットスツールとは、ソファやアームチェアに座って、足を伸ばしておく台のようなものです。
ふっとした時に、足を伸ばせてリラックスできます。

シートの下には、雑誌や玩具などを入れておける空間があります。
物入れとしても活用できます。

EKTORPシリーズなので、交換用のカバーが各種類あります。
カバーを交換すると、部屋の模様替えになるだけでなく、気分もリフレッシュします。
別のカバーに取り替えるだけで、手軽にお部屋の模様替えが楽しめます。

カバーは取り外して洗濯機で洗えますので、便利です。

RKTORPシリーズの他の商品と簡単にコーディネートできます。

エークトルプ EKTORP BROMMA フットスツール

カルルスタード シリーズ KARLSTAD

このソファも定番です。

イケアのCMの動画を見ましたら、夫婦喧嘩して、奥さんがKARLSTADに座っている夫に、ブドウのようなコップのジュースをぶっかけていました。

その後、カバーの色の異なるKARLSTADに仲良く座っている笑顔の夫婦のシーンが映り、「カバーが洗える、変えられる」という字幕が出てきました。

このように、KARLSTADシリーズの売りは、カバーが簡単に変えられることです。

また、座面にジグザグのスプリングを組み込んでおり、耐久性にも配慮しています。

イケアのソファは一般的に言って、欧米のサイズであり、奥行きが深く、座面も高いものが多くあります。

従って、深く座ってくつろぐのに最適で、浅くチョンと腰掛けるだけではソファの良さが生かされません。

ちなみに、「KARLSTAD」は、スウェーデンの都市で、カール9世に都市として認められスウェーデン語でカールの都市という意味の「Karlstad カールスタッド」と名がついたそうです。カールスタッドは、スウェーデン最大の湖ヴェーネルン湖北岸のデルタ地帯にあり、たくさんの橋があります。

カルルスタード シリーズ KARLSTAD

シービック シリーズ KIVIK

座面が広いソファを求めているならこれかもしれません。

イケアの3人掛けやソファベッドの大きさは、日本の住宅事情では、全体的に過大気味でもてあますことが多いようです。

また、組み立ても大変で、部材が重いために、ソファベッドなどは毎朝片付けるのが大変だという声もあります。

ちなみに、「KIVIK」の意味ですが、確証はないのですが、スウェーデンのスコーネ東海岸 Österlen (エスターレーン、エステルレーン)地域にある、リンゴの産地 Kivik (シービック)のことではないかと思われます。

シービック シリーズ KIVIKのソファ

クリッパン シリーズ  KLIPPAN
これもベスト10にあげていたソファです。

クリッパンは、スタイリッシュな雰囲気なため、イケアのソファー売り場では一番目立つところに展示されています。

KLIPPANのように自分のお気に入りのソファーを自由に衣替えできるのはすごいことでしょう。

ソファー本体のデザインはそのままに部屋のイメージを保ったままカバーリングの色を替えるだけで部屋の印象も変わります。

「クリッパン」のソファー本体は耐久性のあるスプリングを使用しており、坐り心地は弾力性のある感じで、沈み込むタイプではありません。

シンプルなデザインなので、どんな部屋にもコーディネートしやすいと思います。

だたし布製のソファーのフレームは組み立て式なので、梱包が小さく持ち帰りは楽ですが、自分で組み立てる必要があります。

組み立てに自信がない場合、有料の宅配サービスと家具組み立てサービスを同時に利用することも可能です。

また、革のソファもありますが、革のソファの注意点はバラバラにできなくて最初から組み立てられているため搬入が容易でない場合があることと、後に雰囲気を変えたくてもカバーの取り外しができないことに要注意です。

ちなみに「kLIPPAN}と言う名称ですが、よく分かりません。

ただ、イケアのソファはスウェーデン内の地名によって命名されている原則があるので、スウェーデン国内の都市の名前だと思われます。

クリッパン シリーズ  KLIPPAN

ポエング POÄNG アームチェア
書棚のBILLYに並ぶ大定番です。

日本人初のイケアの専属デザイナーである中村 昇氏がデザインしたアームチェアです。
日本人のデザインした家具が、イケアのベストセラー商品のトップに来るとは少し誇らしくなりますね。

ちなみに「POANG」とは、英語で「POINT]の意味だそうです。
体の曲線に沿って曲げられたバーチ積層材のフレーム。心地よい弾力性があります

POÄNGフットスツールと組み合わせるとより快適に座れます

高い背もたれが首をサポートします。
やさしくなれる弾力のある座り心地は、ロッキングチェアに座った時のゆらゆらとする感覚を取り入れているそうです。
また、自分の好みに合わせてカラーやスタイルが自由に選べます。もちろん、どのスタイルも座り心地は抜群です。

フレームの素材と仕上げを選んだら、布製または革製のクッションを組み合わせましょう。雰囲気を変えたくなったら、カバーも取り換えることができます。

と言うことは、簡単にカバーの洗濯もできると言うことです。

最後に、耳寄りな情報ですが、それは「25年」保証という消費者と品物を大切にするIKEAのプロダクトコンセプトです。

具合が悪くいなれば修理や手直しをする方が高く付くから粗大ゴミにして再度購入し、安価商品で溢れている日本の消費構造の中で、大変ありがたいし有意義な制度でしょう。、

この暮らし・モノ環境に優しいイケアのデザインコンセプトが超ロングセラーを続ける所以でもあるのでしょう。

ポエング POÄNG アームチェアシリーズ

ポエング POÄNG ロッキング・ラウンジチェア
POÄNGのロッキングチェアです。
ポエングは、日本人デザイナーの中村曻氏の作品です。
中村氏は、現在はイケアを退職しています。

ポエングの開発当時は、フレーム製造やパッケージング等の工程において、厳しいチェックがなされていたとのことです。
しかし難関を乗り越え、7色のカバーをそろえて発売したところ、“組み合わせ自由なアームチェア“ が功を奏し、じわじわ人気上昇して、30年以上ものイケアのロングセラーとして、現在、定番となっています。

アームチェアとの違いは、椅子の足の部分です。
通常の、いわゆる揺り椅子とはかなり異なる形状ですが、これでロッキングチェアとなります。

高い背もたれが首をサポートします。

カバーは取り外して洗濯機で洗えます。

別売りのクッションを置くと、部屋の模様替えになります。

また、足が長く伸ばせるラウンジチェアタイプもあります。

POANG ポエング ロッキングチェア

ポエング POANG ラウンジチェア

ポエング POÄNG フットスツール
POÄNGのフットスツールです。

フットスツールとは、ポエングと組み合わせて使用する足置きのためのための小さな椅子です。

フットスツールで足をあげることによって、より一層リラックスができます。

背もたれやひじ掛けのない椅子がスツールと呼ばれていて、英語では”Chair”と区別されています。

座面が円形のものも多く、それらを丸椅子と呼ぶこともあります。

ここでは、一つだけしか紹介していませんが、ポエングのスツールはいろいろ種類がありますので、お店で検討してください。

ポエング POÄNG フットスツール