キッズ・子供部屋の考え方


キッズルーム・子供部屋の考え方

スウェーデンでは、子供の意見がとても尊重されていて、親が「こうしなさい」と言うのではなく、子供自身が決め、部屋づくりにも子どもが主導権を握っているそうです。

スウェーデンの親は、子どもの個性を大切に、自分らしく生きてほしい、遊び心をもってほしいと言った感覚を大切にしているからです。

日本の家庭とスウェーデンの家庭を一緒に考えることには無理があるかもしれませんが、こんな考えもあると覚えていて損はないでしょう。

何でも、親が与えるのではなくて、子どもの意見・希望も聞いて、一緒に考えながら部屋づくりをすることが、子どもの自主性や個性を伸ばすことにつながるかもしれません。

部屋作りにも、遊び心がたっぷりとあって、子どものハッピーなフィーリングに満ちた部屋にできればよいですね。

家具・アイテムについて

次に、揃える家具やグッズですが、商品に対する安全性、機能性、デザイン性のバランスがうまく取れていることが大切です。

子どもが持っているオモチャの数は平均500個とも言われていますが、これだけあったらゴチャゴチャするのも仕方がないとあきらめてしまいがちですが、そんなことはありません。

まず、収納を最初に考えるべきですが、それだけでは面白くありませんね。収納とのバランスを取りながらデコレーション・飾りも考えましょう。

家具やグッズは汚れても手入れが楽なアイテムを選びましょう。

子供用家具は、母親の目が届く場所に置くことが安全性の面でも大事です。

また、赤や青色を使ってポップな空間にすることも夢がありますね。

イケアのキッズ商品には、「家と言うのは一番大切な遊び場所」と言うコンセプトがあります。

機能性、安全性、手ごろな価格などがイケア商品の特徴ですが、「家族の大切な遊び場」をつくりあげるためのデザイン性や遊び心は最大の魅力と言えるでしょう。

また、イケアの専門家の意見として、子供部屋のコーディネイトでおすすめのアイテムは、テキスタイルで、テキスタイルを上手に使えば、簡単で効果的で、しかもローコストにできるそうです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ