おすすめイケアの本


イケアに関する本はたくさん出版されています。

アマゾンで「イケア」を検索してみると、70件以上も表示されます。

それだけこの店に関する情報をみんなが欲しがっている証拠ともいえます。

そもそもの成り立ち、世界企業としての発展の経緯、何故価格が安く品質が高いのか等を知りたい方もあるでしょうし、そんなことよりどんな商品があり、どうコーディネイトしたらよいかの方が大事な方もあるでしょう。

そこで、下の写真にあるように、私が購入した本を中心に関連する本を紹介してみましょう。

イケアの本

これらの本たちが、来る福岡新宮のオープンに際して、少しでもお役にたてれば幸いです。

なお、福岡市内であれば、天神にあるジュンク堂の2階にインテリアのコーナーがあり、イケアの本が集められていますので、便利です。

IKEA FAN BOOK  森井ユカ
イケアそれ自体を知りたいならこの本。

特に、著者の森井ユカさんは、日本のストアだけでなく世界中の店を訪問していますので、海外の情報が面白いと思います。

例えば、「世界のIKEAでミートボールを食べてみた」のページは、スウェーデンはもとよりイギリス、中国、アメリカ、ニュージーランド、ロシア、日本のミートボールの写真と感想が述べられています。

また、森井ユカさんは、マニア歴十数年を誇る雑貨コレクターです。

そのため、本の中で紹介されているのは、家具と言うより雑貨で、家具の情報はほとんどありませんので、ご注意ください。

逆に、雑貨に興味のある方には、とっても便利な本です。

IKEAファンブック 森井ユカ

IKEA 超巨大小売業成功の秘訣  リュディガー・ユングブルート
ハッキリ言って、ショッピングの参考にはなりません。

ただ、イケアの企業自体と創業者のイングヴァル・カンプラード氏を理解するのならばこの本です。

字ばかりで写真等も少ないので読みにくいかもしれませんが、世界中のインテリアを変えていくIKEAの実態が分かると思います。

誕生から現在までの軌跡、創業者イングヴァル・カンプラード氏の経営哲学などが書かれています。

北欧デザイン、徹底したローコスト経営、優秀なオペレーションの説明も詳細ですので、時間がかかりますが読みごたえはあると思います。

IKEA 超巨大小売業成功の秘訣  リュディガー・ユングブルート

IKEA Perfect Book  NEKO MOOK 1626
インテリアづくり、ショッピングの参考となる本です。

人気の秘密を発祥地のスウェーデン・エルムフルトを訪問し、当地のスタッフの自宅を取材してそのインテリアを紹介しています。

写真も大きくて、なかなか部屋作りの参考となると思います。ただ、スウェーデンの住環境と日本の住宅とはかなり異なっていますので、その辺は割り引いて考えた方がよさそうです。

イケアの豆知識(とリビア)も随所に入っており、面白い読み物となっています。

「居心地よい我が家のインテリ」では、日本家屋のインテリアの参考にできるいろんなパターンの実例を紹介していますので、こちらの方が参考になると思います。

また、ロングセラー・ベスト家具も掲載されており、他の本にはない特色となっています。

それと、「イケアDIYの楽しみ方」では、組み立ての仕方を写真入りで詳しく紹介していますので、組み立てに自信のない方は一度見ておくとよいでしょう。

No Image
IKEA BOOK vol.5 だからイケアが欲しくなる! Musashi books
IKEA BOOKは、ムックシリーズでNo1からNo5まであり本書は、5番目の本です。

なぜ、No5なのかは、たまたま書店にその号だけあったからです。

「イケアマニア7つの部屋」では、東京、群馬、愛知、埼玉、千葉の達人の部屋をカラーをメインに紹介しています。

子供部屋の掲載割合が比較的多いことも特色です。

カラフルなお部屋に興味がある方には、見ても良いかもしれません。

それにしても、本で見ることも良いのですが、やはりショールームで実物のルームセットをご覧になったうえで、本を見返すすことが必要でしょう。

一応、楽天ブックス出売れている順のリストになっていますが、あくまで参考程度にしてください。

IKEA BOOK vol.5 だからイケアが欲しくなる! Musashi books

その他のイケア関連本・書籍
以上の4冊は、私がたまたま購入した本です。

IKEAに関する本は、もっとたくさんありますので、紹介しておきます。

楽しく、有用な部屋作りの参考にしてください。

イケアに関する本・書籍一覧リスト

サブコンテンツ

このページの先頭へ