イケア・IKEAとは


イケアはスウェーデンの企業

イケアのマーク

イケア・IKEA。一言でいえば、スウェーデン発祥のヨーロッパ、北米、アジアそしてオセアニアなど世界に出店している世界最大の家具屋さんです。

IKEAが、スウェーデンで生まれたことは、そのコーポーレーションカラーでも分かります。

スウェーデン国旗

マークや上の写真の建物は、青い色と黄色の2色ですが、これはスウェーデンの国旗の色なのです。

IKEAが、スウェーデンの会社であることを大々的に伝えているのです。

創業者のイングヴァール・カンプラード氏は、「北欧の中ではイケアを強調しなさい。北欧の外に出たらスウェーデンを強調すべきだ。これがもっとも将来性のある戦略なのです。」と言っています。

イケア創業者

これには、国際市場でブランド商品で勝負する場合、明確な国民性をアピールした方がはるかに有利であると言う哲学があります。

つまり、コカ・コーラ、メルセデス・ベンツ、時計のスウォッチと同じ戦略なのです。

世界企業として展開

さて、イケアはそのデザイン性の高さと、流通の改善や組み立て式にすることでの低価格を実現しており、世界各地でも非常に人気が高いことで知られています。

イケア定番チェアPOANG

その実力は、影響力のあるブランド世界5位になったほどの有名企業なのです。

オランダ南部の都市ライデンを本拠地とする財団法人スティヒティング・インカ・ファウンデーションが、イケアグループ全体の親会社であるインカ・ホールディングを所有しています。

その下には、製造部門の子会社であるスウェドウッド、サービスを統括する部門、デザインや商品企画などを担当するIKEA of Sweeden他、イケア・ジャパンをはじめとする各国の販売会社など多くの子会社を設立し、グルー企業体を形成しています。

グループ全体で、世界の36の国や地域に合計278店舗を展開しており、その内24カ国、246店舗が直営店となっており、残りはフランチャイズ方式です。

その結果、従業員は世界全体で10万人を超え、売上高は2兆1,000億円以上となっています。

そのイケアの福岡新宮店が、2012年4月11日に開業しました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ