マットレス


マットレスは、ベッドに敷くマットレスで、体育館で前転するマットレスではありません。

ベッドの上や敷布団の下などに使われている寝るためのものです。ちなみにマットレスとは、アラビア語で「横たわる場所」を意味する言葉に由来しているそうです。

マットレスは、ベッド用と布団用の2種類がありますが、イケアで販売されているものは、主にベッド用です。

ベッドフレームの上にのせて使われますが、寝心地の良さが最大目的のために、様々なバリエーションがあります。

幅広い選択肢からマットレスを選びたいという方には、ベッドベース+マットレス+ベッドフレームの組み合わせがオススメです。

マットレスは、スプリング、ラテックス、フォームと大きく3種類あり、それぞれ特徴が違います。

その下地になるのが、スラットベッドベースです。

一本一本のスラットのしなり具合が調節できるものや、頭側や脚側の角度を調節できるタイプもあり、予算やニーズによって、選べる幅が豊富です。

部屋の大きさの関係で、できるだけ場所を取らずにコンパクトにまとめたい方には、木製ベーススプリングマットレス+マットレスパッド+脚のタイプが人気です。

ベッドフレームがない分、部屋が広く使え、すっきりと見えます。その上にマットレスパッドを使うことで、マットレスが長持ちするだけでなく、自分にあった寝心地に微調整することが可能です。

ベッド関係では、SULTAN/スルタンは、あらゆるあらゆる限りの形を考えてつくられたシリーズです。

素材や価格帯、サイズのバリエーションが豊富なので、どんな人でも自分にぴったりのマットレスが見つかります。

ベッド下収納コンパートメント付きのマットレスベースや、リバーシブルで使えるマットレスもあります。

そのほかにも、マットレスパッドや脚などもあります。

なお、イケアではマットレス関係は、スルタン/SULTANシリーズがメインとなります。

スルタン/SULTANシリーズ商品一覧リスト

また、イケアでは、購入日から90日間までにストアに持参すると、無料で別のマットレスに交換してくれます。家で寝てみて、本当に自分にあっているのか、存分に試してください。

なお、www.IKEA.jpでは、簡単な質問に答えるだけで、あなたに最適のマットレスをオススメする「マットレスガイド」を公開しています。マットレス選びの参考に活用してください。

SULTAN スプリングマットレス
「SULTAN/スルターン」は、あらゆる眠りの形を考えて作った、マットレスやベッドベースのシリーズです。

スプリングマットレスは中のコイルの種類によってさらに寝心地が変わります。

コイルがすべて繋がっている「ボンネルコイル」は、マットレス全面で体をしっかり支えるイメージです。

一方ひとつひとつのコイルが独立した「ポケットコイル」は、体の凹凸にあわせて均一に体圧を分散します。

さらによりしっかりした硬さと耐久力をもった「アクティブポケットコイル」もおすすめです。

SULTAN スプリングマットレス

ラテックスマットレス SULTAN
ベッドの環境を特に気にされる方は、ラテックスマットレスが適しているかもしれません。

ラテックスマットレスはゴム樹脂からつくられており、ゴムの特性で抗菌性に優れているのでダニを寄せつけません。

また、多孔性なので通気性がよく、湿気を吸収して外に逃がすため、寝具内の湿度を一定に保ちます。

ラテックスマットレス SULTAN

フォームマットレス SULTAN
布団から今回初めてベッドに変える方は弾みの少ないフォームマットレスがおすすめです。

高反発フォームマットレスは、適度な硬さがあり、体圧分散に優れています。そして、低反発フォームマットレスは、体のラインにあわせて形を変え、復元力に富んでいます。

寝返り時の振動を吸収するので、パートナーが寝返りを打っても安眠できます。

フォームマットレス SULTAN

ベッドベース SULTAN
マットレスの下地になるのが、スラットベッドベースです。スラットとは、細長い板のことで、すのこ状に細長い板を並べたものです。

一本一本のスラットのしなり具合が調節できるものや、頭側や脚側の角度を調節できるタイプもあり、予算やニーズによって、選べる幅が豊富です。

また硬さを調節できるものもあります。

ベッドベース SULTAN

マットレスパッド SULTAN
ベッドも色んなパーツがあり、なかなか理解しがたいのですが、マットレスパッドとは、マットレスとシーツの間に敷くモノのようです。

マットレスパッドにより、寝ている間に身体から出る汗・湿気を吸収してくれます。

さらにベッドと体の馴染みも良くなるそうです。

マットレスパッド SULTAN

〇ベッドルーム関連記事

サブコンテンツ

このページの先頭へ