イケアで快眠ベッドルーム


ベッドルーム・寝室は、もっともプライベートで、1日の疲れを癒すスペースです。快適で翌日にはリフレッシュできるベッドルームをめざしましょう。

ベッドルームの一番の目的はもちろん「寝ること」ですが、それ以外にもリラックスしたり、リフレッシュしたりする場所でもあります。今回は「快適」をポイントに、ベッドルームを考えてみましょう。

なお、イケア福岡新宮店のショールームには、ベッドルームのルームセット(モデルルーム)が作られると思いますので、参考にされるとよいと思います。

ベッドについて

ベッドルームと言う名の通り、最大の基本はベッドの選択でしょう。

ベッド選びの基本は、まず自分にピッタリのサイズを知り、ゆっくり眠れることができる大きさのベッドを選ぶことです。また、そのベッドを置くことができるスペースがあるかどうかも大切ですね。

また、ベッドはフレームだけでなく、マットレスも重要で、自分に合ったマットレスを見つけることで快適な睡眠を得ることができます。

収納家具について

また、ベッドルームには、快適性も必要です。散らかっていては、リラックスすることもでき出ません。

散らかさないためには、収納家具を購入する以前に、大切なのは要るものと要らないものを整理して、収納スペースに収まらないものは置かないようにすることです。

代表的なベッドルームの収納スペースは、ワードローブとチェストそしてベッド下となります。ベッド下のスペースの有効利用には、ベッドに収納スペースが付いているものがおすすめです。

ベッドルームがキチンと片付くと、次に考えたいのが、「寝る」だけでなくリラックスできる空間づくりです。

例えば、夫婦二人でリラックスしたいなら、アームチェアを2個置いたり、読書ランプを用意すると読書コーナーにもなります。

サイドテーブルを置けば、お休み前のティータイムを楽しむこともできます。

照明について

照明の使い方もベッドルームのポイントになります。

リラックスできるように出来るだけ柔らかい光にして、それぞれのコーナーに合わせた機能的な照明にしましょう。

例えば、本を読む時には必要な場所だけを明るくする読書ライトやスポットライト。

ベッドルーム全体を明るくするには、シーリングライトやペンダントライトがおすすめです。ただ、全体照明で明るくするのは、日本の傾向ですが、ホテルや外国のように一部分だけを明るくするのも雰囲気作りにはよいものです。

テキスタイル等について

最後に、ベッドカバーやカーペット、カーテン等のテキスタイルを変えることによっても、手軽にベッドルームの雰囲気を変えることもできます。

イケアの家具は、これらテキスタイルが簡単に交換できるようになっているものもありますので、便利ですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ