書斎イケア化計画の完成動画と経緯について


書斎イケア化計画とは、私の自室・書斎の家具をほとんどイケアの商品で統一してしまうことです。

まずは、ビデオをご覧ください。

ビデオでご覧のとおり、あまり冴えない書斎が、イケアのデスクや書棚によって、見違えるようになりました。

この特集では、私の書斎が、どのようにしてこのような統一されたインテリアにしていったのかを紹介します。

実は、私の書斎の床は、フルにカーペットを敷き詰めていました。しかし、建築後20年以上も経つと、だんだんカーペットの毛足もすりきれてしまい、外観上もまた、ダニなどの衛生上にも良くない状態となっていました。

書斎をイケア化

そこで、このカーペットをはがして、全てフローリングにすることにしました。フローリングについては、DIYつまり日曜大工でやることにしました。

フローリングの工事をするためには、今ある家具などを全て撤去しなければなりません。そこで、この際、インテリア的にも全く統一がとれていない机、書棚などを全て廃棄し、代わりにイケアの机や書棚などを導入してインテリアとしても調和のとれた書斎にすることにしました。

これが、私の書斎のイケア化計画です。

まず、取り掛かったのが書斎の家具や雑貨の移動と廃棄でした。2012年の夏ごろでした。そして9月頃には、フローリングの施工にとりかかり、完成したのが10月頃でした。

イケアの書棚BILLY

その後、まず最初にイケアで購入したのがGALANTのコーナーデスクでした。机がなければ、パソコンの作業もできませんので、これが最優先のことでした。

次には、壁一面にBILLY書棚システムで、本棚、テレビ台、飾り棚、DVD棚を揃えました。

その後に、衣服ダンスとしてSTUVAを購入しました。こんな風にして、書斎としての格好がついたのが2013年の2月頃です。

書斎イケア化計画は、まだまだ完成していませんが、とりあえず同じように自室をもっと良くしようという方々の参考になれば幸いです。

なお、徐々にですが、実際にデスクや書棚等をどうやって導入していったかの記事を今後掲載したいと思っていますのでご期待ください。

No related posts.

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ