イケアで得する賢い買い方と雑貨ベスト3 「知っとこ!」から


北欧雑貨が大人気になっています。

10月2日には、東京原宿の「フライングタイガーコペンハーゲン 表参道ストア」が日本2号店として、また、10月11日には奈良県にはスウェーデンの人気雑貨ブランド「ラガハウス アピタ西大和店」が日本初上陸を果たしました。
両店ともにおしゃれなデザイン性がありながら、リーズナブルな価格で人気です。

しかし、北欧雑貨といえば、イケアも忘れてはいけません。世界26カ国に348店舗を展開する大人気ブランドです。
でも、イケアは広すぎて何を買えばいいのか迷ってしまいます。
そこで、今回はイケアをこよなく愛する達人にIKEAで得するマル秘テクニックを紹介してもらいます。

情報源は、11月23日に放送された「知っとこ!」です。

一人目は、イケアマニア歴20年の森井ユカさんです。森井さんは、世界20カ国の実際にイケアを訪れてきました。また、「IKEAファンブック」、「スパーマーケットマニア」などの著書が約20冊もあり、イケアのエキスパートの一人です。

イケアと言えば、巨大な店舗で高い棚に商品がずらっと並ぶ倉庫のようなエリアに洗練された色使いの北欧ならではおしゃれな雑貨や家具がところ狭しと陳列されています。しかも低価格で酸から大人気ですね。

でも、広すぎてどこに行けばわからないという方も多くいます。

そこで、森井さんによるとショッピングの前に立ち寄るべき場所をすすめています。

それは、ルームセットです。

ルームセットは、モデルルームで、この部屋に住んでいる人がどんな人で、何歳で、どんな暮らしをしているのかという想定のもとに全部イケアの家具でディスプレイされたものです。

例えば、結婚20年目、50代の夫婦が娘の独立を機に、娘の和室を寝室に変えたと言う設定があります。そのインテリアは和室に合うようにナチュラルな色で統一されています。

これらのルームセットを参考にして、家族構成や年齢など自分に合った部屋をイメージして買物をすることが大事です。

そのイメージを掴んだ上で、イケアで買物をするのですが、何しろイケアには約1万種類もの商品があります。

これだけ商品があると何から見ていいのかということがわからなくなります。

そこで森井さんの提案です。

値札がたくさん店内には下がっていますが、黄色の値札は同じ種類の中でこれが一番安いよというイケアからのメッセージになっています。

つまり、たくさんあるお皿の中で一番低価格のものに黄色い値札が貼ってあるというわけです。

予算重視の方は、迷わず黄色い値札を探せがいいわけです。

例えば、次のような商品があります。

◯ ルグン LUGN プレート ベージュ

  • シンプルなベージュ色のお皿です。

また、黒い四角が目印ですが、たくさん買われて人気があるからどんどん生産したためにより安く提供されるという商品を示しています。

つまりこの値札がついているのは、人気商品ですが低価格という失敗しないお買い物のサインということができます。注意してみれば、前の値段が表記されていることがあります。

例えば次のような商品です。

◯ IKEA 365+ フードキーパー
  • 料理に使う密閉容器です。
  • フタに穴が開いているので、レンジで温めると適度に蒸気が逃げ、うまく加熱ができます。
  • フタが透明なので、中身が一目でわかりますので、フタを開けずに冷蔵庫からサッと取り出せます。
  • 使用しない時には、フタを外せば重ねて収納できます。
  • お弁当にしたり、残り物を入れるのにもグッドです。

さて、ここで森井ユカさんオススメの持っていても損はないと言うイケア雑貨ベスト3を紹介します。

1位 ◯ ディムパ DIMPA

  • イケアの透明な収納バッグです。
  • 季節ごとの布団や洋服を入れると便利です。
  • 押入れの中には、重ねないで縦に置くと取り出しやすくなります。
2位 ◯ スッナン SUNNAN 

  • LEDのテーブルランプです。
  • 太陽電池で点灯するのでコードが不要です。
  • 停電した時でも使えるので実用的です。
  • どこにでも気軽に読書ランプとして持って行けます。
3位 ◯ ペーパーナプキン 

次は、おもちゃ売り場です。

イケアが安いからといって、次々と子どもに買い与えてはいけません。

ここのオモチャは、全て触って確かめて買うことができますので、無駄がありません。実際に何を買おうかと迷う時には参考になります。

◯ HUSET フーセット 

  • イケアのおままごとセットです。
  • ミニュチュア家具、リビングルームのセットです。
  • 3歳以上が対象です。

また、、レジの前には、季節限定の商品が置いてあるので、必ずここはチェックしなければならないそうです。

今の季節では、クリスマスグッズがそうなります。

例えば、クリスマスツリー用モミの木ですが、1990円のモミの木を買うともらえるのがツリー購入証明書です。
何とこれが、1990円分のクーポン券になりますので、イケアで買い物をすればモミの木はただのようなものになります。

イケアレストラでのお得情報です。

赤ちゃん連れの方には、レストランで食事をすればベビーフードが無料になります。ベビーフードの種類は店舗によって異なります。これを活用しない手はありません。

また、1階のビストロでは、ホットドッグが100円ですが、ピクルスやフライドオニオンはかけ放題ですので、これもお得です。飲み放題のドリンクバーを付けても、150円です。

買い物が終わっても、イケアから持ち帰るのも大変ですね。

そこで、登場するのが、「手ぶらdeボックス」です。これは専用の段ボール箱に自分で梱包して詰めれば、1個につき全国一律990円で宅配してくれます。ただし、割れ物、植物、食品は使用できません。

買い物前にこういう情報を調べておくことも必要ですね。

No related posts.

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ