イケア福岡新宮のルームセットはスタッフの努力の賜物


イケアは楽しいという秘密は売り場にもあります。

イケア名物のルームセットは、イケアの商品を使ったテーマ別のモデルルームです。

イケア福岡新宮の店内には46ヶ所もあります。

誰かが暮らしているようなリアルな作りは、まるで友達の家を訪ねているみたいで楽しい!

ルームセットは店ごとのそれぞれのオリジナルです。

イケア福岡新宮周辺の一般家庭をスタッフが訪ね、暮らしの悩みなどを調査しています。

その調査の結果で作り上られるルームセットは、まさに地元ならではのものです。

ルームセットの部屋をコーディネートして作るのは店専属のデザイナーです。

調査によると和室に関する一般家庭での悩みは、押入れが活用できないということでした。

そこで、和室を子供部屋として活用し、押入れの一番下をカーテンやラグを使って子供の遊ぶスペースにするというアイデアが出てきました。

このように、デザイナーの仕事は、ちょっとしたアイデアやインスピレーションをお客様に提供し、持ち帰ってもらうことです。

ルームセットを見ていると想像が膨らむことがあります。

その訳は、それぞれの部屋にストーリーがあるからです。

例えば、8.5畳の畳の部屋では、ここに住むのはお裁縫好きの奥様の部屋という設定です。

押入れに向かってちょっと高めの椅子を置くとミシンも置ける広々とした作業台に早変わりします。

8.4畳の畳の部屋は、独身男性の部屋です。押入れの奥行きを活かして本棚を並べれば立派なデスクになります。

さらにイケア流の押し入れ収納術があります。

押入れの中は、ものを積み重ねてどうしても上の方のスペースを活用できない場合が多いものです。

子供のおもちゃ入れを収納に活用すると、手前と奥の方に2列にプラスチックのバスケットを入れることができます。

このようにルームセットはアイデアの宝箱で、インテリアのプロ集団が知恵を絞ったお役立ち情報がぎっしり詰まっています。

No related posts.

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ