イケアの欠点、悪いところ ?


このサイトでは、イケアの素晴らしいところや良いところを書いていますが、いくらなんでも全部良くて、悪いところはないと言うことはできません。

そこで、ネット等で見かけるイケアの良くないと思われる点などを今回は考えてみましょう。

・送料が高すぎる。
・商品が重すぎる
・組み立てが難しい。
・自動車が必要なことが多い。
・組み立てサービスや配送料が高すぎる。
・耐久性がない。
・クレームの対応が悪い。
・実は割高ではないか。

これらが全てではありませんが、ネットで見かけることがあるいくつかの点です。

ネットですから、書きたい放題書いているのですからどこまで本当なのか分かりませんし、個人の価値観はまさに無数ですから、人によって見解の相違があることは当然です。

しかし、次のブログの方の意見では、日本ではイケアの商品は、「安かろう、悪かろう」の考え方が浸透しているそうです。

参考:社長ブログもどき

しかし、この方の考えでは、この一般的な考え方とは正反対で、「イケアは素晴らしく安い、ただし店が客を選んでいる」そうです。

つまり、イケアは、

・自宅は広い(100平米以上)
・ワゴンなどの自家用車を持っている。
・DIYは、普通にできる。

このような方を対象としている家具店なんだそうです。

イケアはスウェーデン発祥の企業ですが、スウェーデンをはじめとする欧米では「普通の家庭」がこれだそうで、アジアや日本の平均的家庭とは異なるので、日本のネットの意見の多くは、当然の結果のようです。

イケアのスタイルは、日本人には合わないというのが、このブログの方の結論です。

不良品が多い、クレーム対応が悪いなどは、日本と欧米の環境の差も関係ない意見ですが・・・

耐久性がないということも、イケアの考えでは、子孫代々伝えるような家具ではなくて、当分の間使えればよい品質を目指しており、その分コストも安くできるという考えです。

確かに、スウェーデンと言うナシャナルキャラクターを前面に押し出し、現地に合わせないと言うスタイルで世界進出を果たしているのですから、やってくるイケア福岡新宮にこちらが合わせなくてはいけないのかもしれません。

これも福岡の国際化の一つなのでしょうか。

No related posts.

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ