ルシア祭スペシャルディナー


チョッと季節的に早いのですが、ルシア祭も紹介しておきます。

ルシア祭とは、スウェーデンのクリスマス祭事の一つです。

「Sancta Lucia」と表記され、ルチア祭とも発音されることもあるようですが、イケアではルシア祭と呼んでいます。

夏至にはミッドサマーパーティが行われますが、旧暦、つまり16世紀のグレゴリオ暦が改定されるまでは冬至に行われていたのが元々のルシア祭です。

キリスト教の聖人ルシアを祝う行事でもありますが、ルシア祭の後に来る春を待ちわび、希望をもたらす人してスウェーデンではお祝いしています。

スウェーデンをはじめとするスカンジナビア諸国では、ルシア祭に一家の子供の中で年長の少女が祝祭に参加するそうです。

少女達は、聖ルシアに扮してロウソクの冠をかぶり、ろうそくを手に持ち行進します。そして、なぜかナポリ民謡の「サンタルチア」を歌いながら部屋に入ってきます。

聖ルシア祭少女  聖ルシア祭

しかし、この姿は、映画「八つ墓村」を思い出させますね。

ただし、ナポリ民謡のそのもの歌詞ではなく、スウェーデン語で聖ルシアが闇の中から光とともに現れてくると言う意味におきかえられているそうです。

この闇の中から光が現れると言うことが、長く暗いスウェーデンの冬に冬至の意味がよく出ており、春の到来を祝うルシア祭の大きな意味なのでしょう。

で、イケアのルシア祭ですが、1昨年の2010年には次のように行われましたので、参考としてください。。

〇大人も子供も楽しめるスウェーデンの伝統的なクリスマスイベント
『ルシア祭』スペシャル ディナー

イケアストアの『ルシア祭』は、この日のみの特別席(着席形式、100席)を2階レストランに設け、スウェーデンの伝統的なクリスマスデコレーションやキャンドルでレストラン内を飾ります。
この日限定の特別ディナーは、スウェーデンのクリスマスの食材をつかったコースメニューです。
またスウェーデンのクリスマスの代表的な飲み物、グロッグ(ホット赤ワイン)もお楽しみいただけます。
スペシャル・ディナーとともに、クリスマス・コンサートや聖歌隊の行進など、大人も子供も一緒に楽しめるパフォーマンスも実施します。パフォーマンスは各ストアにより異なります。
詳細は各ストアのイベントページ(IKEA船橋、IKEA港北、IKEA神戸、IKEA鶴浜、IKEA新三郷)をご覧ください。

参加人数は100名様(先着)。
11月1日(月)より各ストア2階レストランレジにて前売りチケットを販売いたします。

『ルシア祭』実施概要
■日時 12月11日(土)
■時間&場所 18:00開始(20:00終了予定)各IKEAストア2階レストラン
■メニュー 限定スペシャルコースメニュー(前菜、スープ、メインディッシュ、デザート)
■前売チケット 先着100名様限定 11月1日(月)より各ストア2階レストランレジにて販売
■料金
<IKEA FAMILY メンバー価格>
大人2,500円(1名様)/ 子供1,500円(小学生以下1名様)
<一般チケット価格>
大人3,000円(1名様)/ 子供2,000円(小学生以下1名様)

このようにイケアではスウェーデンの店であると言うアイデンティティーを随所に見せてくれます。
これも、グローバル企業ならではの経営戦略の一環ですが、それにしても心憎い演出とも言えましょう。

  

No related posts.

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ