イケアの新ビジネス戦略とは?


イケアが今年9月からの新しいビジネス戦略を発表しました。

新たなテーマは、「子どもと一緒の暮らし」です。

これまでになかった8~12歳の小学生を対象にした商品展開をしていきます。

なぜ、このような年代をターゲットにしたかについては、イケア・ジャパンのミカエル・パルムクイスト社長は次のように述べています。

「8歳から12歳というのは、独自性を育てるのに大切な時期です。自分の部屋で過ごしたり、家事を手伝うといった自我が芽生えてきます。」

実際にこの年代の子どもたちは、「雑巾がけをしながら鬼ごっこをしたり」、「部屋の模様替えをすると明るくなる」など、学習塾や習い事で忙しい時間を過ごす子どもたちは、外出することよりも家で家族と過ごすことをのそんでいます。

ターゲットの子供に向けたモデルルームもあります。

11歳の女の子をターゲットにしたモデルルームには、ベッドキャノピー TISSLA 1,990円があり、価格もリーズナブルです。

このイケアの商品で揃えられたモデルルームを見た女の子は次のような感想をしました。

「可愛い。枕とか一つ一つ細かいところまで可愛いから、ここに住みたい。」

このモデルルームはイケアの商品で菅、全部揃えると15万円前後に鳴ります。

すべての年代の全ての生活をイケアはターゲットにしているのでしょうか。

イケア・ジャパンのミカエル・パルムクイスト社長の答えは、「快適な暮らしをより多くの人に」が企業理念です。8~12歳と言うところはまだまだ強化できると思います。」とのこと。

No related posts.

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ