イケア・IKEA立川のオープン! ワンレジとは? 有料駐車場?


イケア立川

東京都内に初出店するイケア立川のオープンする日、4月10日が1周間足らずとなってきました。

イケアは、もうご存知と思いますが、スゥエーデンに本部がある家具や雑貨などを販売するグローバルな企業です。

その規模は、世界26カ国に約300店舗を展開しています。

イケア立川店は、横浜のイケア港北に次いで国内のイケアでは2番目の広さとなり、東京ドームほぼ同じ大きさです。

また、立川ストアの最大の特徴は、地域密着型の店作りです。

前回のイケア福岡新宮の開店の際にも同じことをしましたが、立川の近隣46世帯の生活を調査しました。

その結果として、「収納」に関する悩み、希望などが多くあったそうです。

この調査結果が店内にも反映されています。

新しいイケアストアでも、お洒落で素敵なルームセット(モデルルーム)がたくさん作られます。

例えば、あるルームセットでは、20代前半の夫婦と4歳の子どもがいるという前提で、お金をかけずに収納スペースを確保するというルームセットが実現されています。

このルームセットには、シェルフユニットが展示されています。

このシェルフユニットなら、小さい子供のおもちゃもたくさん入りそうです。

さらに、イケア立川では、これまでのイケアストアよりも収納用品の売場が2倍近くに拡大されています。

この売場で目につくのは、イケアの収納用品で大定番、紙製のKASSETTフタ付きボックスでしょう。

私も実際にこの商品を使用していますが、安くて整理整頓に非常に重宝しています。

また、イケアの魅力の一つであるグルメにおいても、朝11時までのモーニングプレート 99円、定番のスウェーデンミートボール 616円ももちろん登場します。

さて、イケア立川の新オープンに際しては、注目の新戦略を打ち出しています。

イケア立川は、立川駅から歩いて約12分もかかります。

立川駅は、JR中央線、南武線、青梅線そしてモノレールが乗り入れる東京西部のターミナル駅としても知られています。

そこで、イケアが注目したのは、この立川駅を経由して来店する人々です。これを電車族といいます。

電車を利用して来店する客に世界初のサービスを打ち出しました。

それが名づけて「手ぶらでワンレジ」です。

つまり、レジと宅配サービスカウンターを同じ場所に設けることによってスムーズに支払いと宅配がスムーズにできるようにします。

これまでは、大きな商品を購入して宅配してもらうには、まずセルフサービスエリアで選んだ商品をピックアップして、会計レジに行き支払います。その後、別な場所にある宅配カウンターで配送の手続きをします。

しかし、イケア立川では専用の機械に商品をかざすとレシートのようなものが出てきます。

この紙を宅配カウンターに持っていくだけで会計もできてしまいます。このシステムをワンレジと言い、今までよりも楽になると期待されています。

当ブログ内関連記事

イケア立川の駐車場が有料? 電車でイケアキャンペーンも  

イケア立川 2014年4月10日にオープン 東京初店舗です。

◯ イケア立川

東京都立川市緑町6番
050-5833-9000(全ストア共通)

ストア営業時間
月 ― 金: 10:00~21:00
土・日: 9:00~21:00
祝日: 9:00~21:00

レストラン営業時間
月 ― 金: 9:30~20:30
土・日: 8:30~20:30
祝日: 8:30~20:30


* この徒歩経路表示は遠回りになる可能性があります。

No related posts.

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ