イケア福岡新宮のこれまでと安さの秘密


イケア福岡新宮は、福岡県新宮町にできたお洒落な家具メーカーという認識が一般的ですが、それだけじゃなくてイケアができたことによって、いろんな郊外型の店舗だけでなく駅もできるし、高層マンションもできてきています。

イケアができたことによって一つの街が出現したようなものです。

また、今月イケアの新しいIKEA 2014が出来上がりました。

イケアは、9月が新年度ですので8月は大変忙しい月になります。

カタログを出したり、新商品の紹介をしたり、店内のディスプレイを変更したりするからです。

昨年、日本で6番目のストアとして誕生したイケア福岡新宮は、オープンのわずか半年で来店者数が150万人を突破しました。

これは、イケアでも異例のハイペースだそうです。

およそ3万平米の広い店内スペースには9500点余りの家具や雑貨があります。

洗練された中に遊びがある小技の効いたデザインばかりです。

イケアでは、「より快適な毎日をより多くの方たちに」と言うコンセプトで、デザイン性と機能性の高い商品をより低価格で提供しています。

例えば、「KNAPPA クナッパ ペンダントランプ」、「KLOBO 2人掛けソファ」そして「JOKKMOKK ダイニングセットテーブル&チェア」などは激安です。

どれもが高級で知られるあの北欧家具ですから、アンビリーバブルな価格です。

イケアは、世界40カ国に330店舗を展開しており、まさに世界最大の家具チェーンです。

商品のデザインはすべて本国スウェーデンで統括していますが、作っているのは世界各地です。

ネットワークを駆使して、製品を作るのに最も適した国を選んでいるのです。

だから驚きの低価格が実現できるのです。

例えば、積み木はブルガリア製、カラフルなスタンドライトはリトアニア製とワールドワイドです。

イケア福岡新宮店の朝は早く、午前6時にはコンテナを積んだトレーラーが到着します。

多い日には、一日120トンもの商品が世界中から届きます。

商品はコンテナからフォークリフトでそのまま倉庫へ運ばれますが、実はこれも低価格を実現する秘密なのです。

膨大な商品が並ぶ倉庫は、セルフサービスコーナーと呼ばれていて、陳列するコストをカットして値段に反映させています。

商品はお客が棚から自分で降ろし、自分で組み立てる、これがイケア流です。

一見大変そうですが、買い物が楽しいイベントになることでもあります。

イケアでは、一日を楽しく過ごせます。遊び、レジャーの感覚でお客さんはいます。

このことが大当たりして、グループ全体の売上は3兆3千億円となり、過去最高を更新中です。

No related posts.

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ