イケアのBILLY 書棚の組立てと使用感


前回の記事、「ケアのBILLY 書棚の選定と購入」でイケア福岡新宮店で購入までの経緯と選定方法を書きましたが、今回はいよいよ組立てです。

GALANT コーナーデスクと異なり、BILLYのパックは一つですみますが、とにかく重い!

奥行き28cm、幅80cm、高さ202cmの本箱一つで、40Kg近くなりますのでちょっと覚悟しなければなりません。

レガシィワゴンの荷室には入りますので、その点では楽でした。

一人で車から部屋に運び込むには、パックをそのまま運ぶよりは、パックを開いて中の部材をバラバラにして、数回運んだほうが良いと思います。

BILLYの組立ての概要は、次のビデオで御覧ください。

まず、作業するスペースを確保して下さい。

書棚自体は、出来上がるとあまりスペースは取りませんが、組立てにはかなり広い空間が必要です。

別室で組み立てて、入れ込むにしても入り口が通るかどうかの確認もしなければなりません。

また、念のため、作業する床は、シート、ダンボール等で養生しおいて下さい。

イケアのBILLY 書棚のパーツ

ビデオでは、撮影のために部材を全部広げていますが、この必要はありません。

組み立てる前には、説明書をじっくり読む必要があります。

読むと言うよりは、文字はなくイラストで説明していますので、眺めるような感じですが、出来れば手順を頭に入れておいて下さい。

実際には、私は、最初のページからその通りに組立てましたので、ひと通り読むことはしませんでしたが。

それにしても、イケアの組み立て説明書は、全世界で販売するため、文字の翻訳はコストも掛かり手間が大変なため、イラストだけです。

イケアがグローバルな企業であることを体感して下さい。

組み立て説明書の最初のページに、必要な工具を示しています。

マイナスドライバ、プラスドライバ、鉛筆、かなづちの4種類です。

私は、これにゴムハンマーを部材の叩きこみように使用しています。

組立に必要な人数は、二人を指定していますが、一人でも大丈夫です。ただ、体力にあまり自信がない方は手助けが必要かもしれません。

説明書には、床の養生もしなさいとしています。

また、組立てに不明な点があれば、イケアに電話するようにと指示していますが、この電話番号がなかなか分かりません。

イケアのホームページに記載していますが、購入したイケアの各店ではなく全国統一のコールセンターにつながります。

部品の数量も記載していますので、念のため確認しておいて下さい。

ただし、固定用の金具があるのに、ネジはありません。これは、壁の材質によりネジの種類が異なるため、入っていません。

固定に必要なネジは、ホームセンターで購入する必要があります。

組立ての最初は、書棚の固定棚、最上部、中間部、最下部の各棚と最下部のスカート部にダボを叩きこむことから始まります。

カナヅチ、又はゴムハンマーを使用して下さい。

次に、左右の側板に接合金具(カムネジ)をプラスドライバーでねじ込みます。

BILLYの説明書には、部品の名称が一切ありませんので、この記事に使用している部品名は私の勝手に付けているものです。

イケアでは、部品番号で区別しています。

次に、左側側板に、ダボを打ち込んでいる固定棚3枚とスカートを差し込みます。

イケアの書棚、BILLYの組立て

固定棚の順番、裏表の判断はイラストよく見てそのとおりにすることが肝心です。

このままでは、グラグラしたままですので、カムロック(灰色のプラスチック製)で締め上げます。

このカムネジとカムロックによる接合は、イケアの商品には頻繁に出てくる接合方法です。

左側側面に固定棚等を接合し固定したら、残りの右側側面を同じように接合します。

書棚 IKEAのBILLYの組立て

これで、BILLY 書棚のフレームが出来上がりました。

ここで、背面を上にして鉛筆でマーキングします。

これは、段ボール製の背面板を差し込み、フレームに一直線で釘打ちしますが、背面板を差し込むとフレームが隠されてしまいどこに釘を打ったらよいかわからなくなるからです。

固定中棚がある部分がわかるように側面板に鉛筆で印をつけておきます。

それから、背面板を差し込みます。

イケアのBILLY 書棚の組立て

この時、フレームの長さと背面板の長さ、つまり4メートル以上の空間が必要になってきます。

私の場合、何と確保できましたが、スペースがない場合は、右側側面を接合する際に、一緒に背面板も取り付ければ大丈夫です。

しかし、チョット面倒な事もあり、この時には二人いたほうが作業が楽になります。

無事背面板が差し込めれば、後は、釘で固定します。

この時に、中央部分は、先程のマーキングが役に立ち、鉛筆でこのマーキングを結ぶ直線を背面板状に書き、釘をその直線にそって打ち込んで下さい。

ここまできたら、後は、立ち上げて、お好みの部分に棚受けの金具を差し込んで、可動棚をはめこみます。

これでめでたくイケアの書棚、BILLYの完成です。

イケア IKEAのBILLY 書棚の組立て

設置する場所まで運んで、壁への固定金具とホームセンター等で購入してきたネジで固定して下さい。

さて、使用感ですが、大満足です。

80cmの棚は、雑誌等をぎっしり乗せると若干たわみますが、私はそう気にはなりません。

この価格でこれだけの品質の書棚ですからコストパフォーマンスは抜群だと思います。

BILLYの書棚一本だけでは、そうメリットがないかもしれませんが、壁一面にBILLYシステムを使用すると事態は一変します。

私の場合、80cm幅の2本と40CM幅1本、BENNOのテレビ台、BENNNOのDVDタワー、GRUNDTALのキャビネット照明を組み合わせると素敵なインテリアになりました。

これに収納グッズとしてのKASSETTのふた付きボックスを使うと、激安で見た目もよく機能的な収納ができるのですから、まさにイケアさまさまです。

イケアがグローバルにビジネスを展開できる秘密がここにあると実感しています。

イケア BILLY 書棚 28cm×80cm×102cm

No related posts.

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ