イケアに関するシンポジウムが開催されます。


イケアに関するシンポジウムが福岡市内で行われます。

ブログ「よかね~!IKEA福岡新宮」によると「イケアが九州大学でイベントを行います。」としていますが、シンポジウムの広報資料によると厳密には主催者は「EUIJ九州」で、IKEA福岡新宮は共催の立場になります。

シンポジウムの概要は次の通りです。

〇シンポジウム名
EUIJ九州 環境とエネルギーシリーズNo.1 イケアのサステナビリティと地中熱利用
・日時
2012年2月27日(月)19:00-21:00
・会場
九州大学医学部 百年講堂大ホール
・内容
環境先進国スウェーデンから生まれたホームファニッシングストアの「モノ」をつくる前から家庭に届くまでのサステナブルな取り組みと、IKEA福岡新宮の地中熱利用を紹介する。また地中熱を利用した地球温暖化とヒートアイランド現象の抑制について九州大学の准教授が解説する。さらに環境面での社会貢献活動について、企業・学生・消費者の立場から意見を述べディスカッションする。
・申し込みには事前登録が必要です。
・シンポジウムに2名様以上で申し込みされた方には先着200名様に限り、プレゼントをご用意しております!

詳細は、EUIJ九州の広報サイトでご覧ください。

主催者の団体は、公式サイトによると「EUIJ九州は、日本におけるEUの学術拠点として2011年4月1日に設立されました。九州大学、西南学院大学、及び福岡女子大学の3大学コンソーシアムにより教育、研究、アウトリーチ分野の活動を展開し、九州地域の研究者、学生のみならず、一般市民、ビジネス関係者、自治体職員、ジャーナリスト等々の幅広い分野の方々を対象に、政治、経済、科学技術、文化など、広くEUへの理解を促進するための活動を行っています。」とのことです。

No related posts.

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ